2009年01月13日

眼瞼下垂の後天性の原因

眼瞼下垂とは「がんけんかすい」と読みます。他にも、瞼が下がっているために、視界が悪くなることから、眉毛を上げて瞼を開こうとするために、頭痛や肩こりを併発するなどといった体験談を聞くこともあります。これらの多くはやはりコンタクトレンズの装用が原因となっているケースだと言えそうです。

」などと言われたり、まぶたが下がっていることにより“視界が狭くなり”自動車の運転ができなくなったり、歩行中によくつまずいたりすることが挙げられます。

この眼瞼下垂は先天的理由やもしくはコンタクトレンズの装用などによって起きる後天的理由などによって、上まぶたの機能障害が起きて、まぶたが開き辛くなるといった病気の一つなのです。
後天性からなる眼瞼下垂の患者数は多く、また眼瞼下垂予備軍を含めると相当数の方が眼瞼下垂で悩まれているようですね。

眼瞼下垂になった人にしか分からない辛いことと言えば、「いつも眠そうな顔をしている。それほど後天性の眼瞼下垂を患う患者さんは多いのですから。

コンタクトレンズを着用している方は、次は我が身を思い、コンタクトレンズの使用方法には注意をされるべきでしょう。

眼瞼下垂の症状と手術・治療方法
posted by エリカ at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。