2009年01月09日

レーシックの危険性

レーシックの危険性について考えてみましょう。
しかし、レーシックの失敗例としては、視力が回復しなかったり、一時期は視力が回復したけれど元の視力に戻ったとか、ドライアイの症状がレーシックを受けてからひどくなったという人もいます。
レーシックは安心して受けることができる視力回復の治療法だといわれています。

ほんとうにレーシックの危険性やリスクはないと考えてもいいのでしょうか。これまでの事例によりますと、レーシックを受けたことで失明したとか、重度の後遺症が残ったという話は今のところありません。

100万人受けて、失明者がいないっていうのはすごい数字ではありませんか。手術のメリット、デメリットはお医者様がご存知なので、自分が納得するまで説明を受けてからレーシック手術を受けるようにしてください。

レーシックの手術を真剣に考えている方にとって、少しでもレーシックの危険性があるなら知りたいものです。
だからといってレーシックは危険性がないとはいえませんが、これまでレーシックの手術を100万人の人が受けています。

レーシック手術の危険性 口コミ体験談
サーマクールで安心できるしわ治療法
メンズエステでメタボリックとムダ毛対策
posted by エリカ at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。